So-net無料ブログ作成

トリニータと大分が心配 [Jリーグの問題点]

 ポポビッチの退任で深谷選手をはじめとして、「1年で復帰」をめざしていたトリニータの選手はチームを離れてしまうかもしれない。
 
 6億の借金をJリーグにすることを県が認めた時点で、トリニータはJリーグの支配下に入ってしまった。500万円以上の支出は、Jリーグから派遣された「再建請負人?」がチェックするそうだ。赤字のチームは赤字のチームらしく、田舎のチームは田舎のチームらしく、「身の丈」に合った経営をしろということか。そういうことを「健全」というらしい。

 これで「身の丈」という言葉、ますます嫌いになった。普通の企業経営であれば、このほうが「健全」な経営ということになるんだろうが。大分トリニータは営利だけを目的とした企業ではない。大分県に活力と夢をもたらしてくれたフットボールチームだ。だから多くのサポーターが「トリニータのために自分にできることをやろう」とそれぞれ考えをめぐらしていたはずだ。でも、これでは頑張る目標自体が大きく遠のいてしまう。

 大分にトリニータがあることの価値は6億円をはるかに超えるものがあるはず。万全の返済計画を立てた上で県が半分でも貸してくれれば、まだ道はあったと思うのだが。こういう経済状況の今だからこそ、十分な説明があれば、大分の「元気の素」であるトリニータに融資しても納得してくれる県民は多いはず。県からの借金なら、「返し終わるまで昇格させない」などという「縛り」もないわけで、少々時間がかかっても確実に返済できれば県民の納得も得られたのではなかろうか。返済をめざしてサポータも頑張る目標ができたはず。債務超過に関して社長に責任があるのなら退任してもらえばいい。トリニータ系ブログ等で、大分FCの経営陣の責任追及をしてきた人にこそ、「これは」という人を押して欲しかった。

 「箸の上げ下ろし」まで監視すると言った広瀬大分県知事は、実質Jリーグの管理下に置かれる事態を容認したわけだが、本当にこれまで十分な監視をしてきたのだろうか。

 不況の風が吹き荒れる師走の大分にとって、今回の発表はあまりに残酷な知らせとなった。2014年までって?それまでトリニータはどんな状態になっているのだろうか? 「元気のもと」、「大分の夢」であった今のトリニータを失った大分のことが本当に心配だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。