So-net無料ブログ作成
検索選択

6億円融資せざるを得なくなったJリーグ? [Jリーグの問題点]

例の6億円融資の問題で産経がコメントしている。

 内容はごく当たり前といえば当たり前すぎるほどのことだ。でも、なぜか他の報道ではこの視点の記事は目にしてこなかった。トリニータ系のブログでも、この当たり前のことを書いているブログは、ほとんど見あたらない。

 記事の内容は、以下の通り

「クラブは下部組織を持つことが必須だ。地方のクラブでは地元の高校と選手の取り合いになったり、条件を満たすことに汲々としてトップチームの強化が疎かになるケースも少なくない。またパチンコホール、美容整形外科、酒造メーカーなどスポンサーになりたくてもなれない業種もある。」

 これまでJリーグが大分トリニータにしてきたことは、「キリンカップ」を開催しておきながら、大分の地場産業である焼酎メーカーのスポンサーは認めなかったこと、マルハンのスポンサー問題に関する大分県民35万人の署名に対する(却下の)返事を電話で返してきた非礼など、とてもJリーグ会長が溝畑社長を非難する資格など認められない。

 それにしてもこれからの大分トリニータは苦難の道を歩むことになるだろう。Jリーグは容赦なく借金の返済を迫ってくるだろうし、とにかく借りたものは返すしかない。
 微力であるが、サポーターとして自分に何ができるか知恵を絞って考えることにしよう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。