So-net無料ブログ作成
検索選択

代案無き批判にはウンザリ [大分トリニータ]

 菊池選手の加入、スポンサー問題に関していろいろと議論があるようだ。

 「再出発」をしようという選手に対しては、応援したいというのが私の気持だ。まして、そう思っている人が少ない状況であればなおさらで、声援を送っているサポーターも少なからずいるのだという声を彼に届けたいと思っている。もちろん、今の大分のおかれた状況でDF陣を補強する他の選択肢を提示してくれるのであれば、この問題に対する批判にも耳を傾ける値打ちがあるだろうが。

 スポンサー問題についてもしかり、マルハンがスポンサーを降りざるを得ない状況の中、いろいろ問題のある企業を受け入れることは経営陣としても「苦渋の選択」というか苦肉の策であったことだろうと思う。批判が出てくるのも当然といえば当然で、建設的な批判を聞きたいと思う。そして問題点をどんどん掘り下げていけばいいと思う。溝畑氏に代わりうる人物を担ぎ出せるのであれば、「社長辞めろ!」という批判も、それなりに建設的で傾聴したいと思っている。代案、対案を伴わない批判は、ただの非難でしかないので、あまり耳を傾ける気はしない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。